閉じる

冬の花火、空から見える? 仙台沿岸で126人の鎮魂祈る

 東日本大震災で被災し、2017年3月に閉校した仙台市若林区の旧東六郷小付近で5日、「鎮魂の花火」が打ち上げられた。かつての住民も含め約100人が集い、思い出の古里で震災犠牲者をしのんだ。午後5時半、津波による流出を免れた同校の鐘が11回鳴らされると、75発の花火が冬の夜空を彩った。

 花火の打ち上げ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ