命に関わるライフライン止めないで 学生が仙台市水道局に申し入れ

 水道などの利用料金を支払えない生活困窮者のライフラインを止めることは命に関わるとして、仙台市のNPO法人「仙台POSSE」と市民団体「フードバンク仙台」に所属する市内の学生5人が7日、制度改善に向けた「水なきゃ生きていけないでしょプロジェクト」をスタートさせた。

 料金の未納が続いても電気、水道、ガスなどの供給は継続するよう事業者に働き掛けるほか、生活困窮者の支援相談にも取り組む。フードバンク仙台によると、料金未納による給水の停止は市内で年間5000件ほど報告があるという。

 7日は3人が太白区の市水道局庁舎を訪れ、岩淵明広営業課長に要求書を提出した。(1)水道料金未納者の給水を停止しない(2)給水停止の決定者と経緯の開示―など5項目に関し、14日までに書面で回答を求めた。

 岩淵課長は料金未納者の水道を止める理由を問われ「公平性の観点から未納者の給水停止は法律で決まっており、致し方ない。必要であれば福祉支援を案内している」と説明した。

 プロジェクトの共同代表を務める東北大3年笠原沙織さん(22)は「誰もがライフラインを使える社会にしてほしい」と訴えた。

岩淵課長(左)に要求書を手渡す笠原さん
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る