FAQ

ウジエスーパーの「きてれつスムージー」人気 フードロス対策で店内にカフェ

 宮城県内に32店舗を展開するウジエスーパー(登米市)が、大和町の吉岡店にカフェを設け、フードロス対策に取り組んでいる。コロナ禍で売れ行きが落ちた果物をスムージーに生かして廃棄量を減らし、おいしく遊び心たっぷりのメニューを次々に展開。見た目のユニークさもあって評判は上々だ。(編集局コンテンツセンター…

残り 1086文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る