鎮魂の竹灯籠、避難路照らす 釜石「3・11」まで点灯

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県釜石市鵜住居町の根浜海岸近くにある避難用の階段に、鎮魂の竹灯籠が並べられ、12日夕に点灯式が行われた。地域住民約30人が参加し、高台への避難の重要性をかみしめながら階段を上った。

 根浜海岸キャンプ場から高台にある津波避難場所に向かう階段の両脇に、計50本…

残り 222文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ