閉じる

石巻・旧大川小の教訓伝えたい 卒業生ら、伝承考える団体設立

 東日本大震災で児童74人、教職員10人が犠牲となった宮城県石巻市旧大川小の卒業生らが13日、旧校舎を活用した市震災遺構「大川小」の保存や教訓伝承の在り方を考える団体を設立した。市河北総合センターで設立報告会を開き、活動方針について意見表明した。

 団体名は「Team(チーム)大川未来を拓(ひら)くネ…

残り 361文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ