閉じる

福島の水産復興、暗中模索 控える原発処理水放出 「魚離れ」にも苦慮

 2023年春ごろを予定する東京電力福島第1原発事故の処理水の海洋放出まで1年半を切り、福島県内の水産関係者の暗中模索が続いている。12年から続いた沿岸での試験操業を昨年3月に終えて拡大操業に入ったが、水揚げ量はまだ限定的。処理水放出で懸念される風評被害だけでなく、年々進む全国的な「魚離れ」による需…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ