閉じる

「慎重な対応必要」「国の姿勢に疑問」 処理水チラシに戸惑う教育現場

 東京電力福島第1原発にたまる処理水の海洋放出を巡り、国が安全性をアピールするチラシを学校に直送した問題で、岩手、宮城、福島3県の教育現場に戸惑いが広がっている。

宮城

 宮城県内では少なくとも16市町の約50小中学校がチラシを児童生徒に配った一方、「慎重な対応が必要」(南三陸町)として、複数の教委がチ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ