閉じる

避難生活7年余、菓子箱に封じた無念 震災関連死に迫る・第1部(4)

玄関で転倒、車いす生活に

 福島県本宮市の災害公営住宅に駆け付けると、母が頭から血を流してソファに座っていた。「迷惑掛けて申し訳ねぇ」。転んだという玄関は血だらけだった。

 東京電力福島第1原発事故で福島県浪江町津島地区から引き離され、7年余の仮住まい生活で91歳で亡くなった紺野リシ子さん。市内に避難す…

残り 1160文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集