閉じる

無念の死に「証しを付けてあげたい」 震災関連死に迫る・第2部(3)

不認定の「線引き」、明らかにされず

 「申請して関連死に認められなかったら、おじいちゃんは寿命で逝ったと見なされるのと同じ。そうなったら悔しいし、腹が立つ」

 東京電力福島第1原発事故で福島県浪江町津島地区から福島市に避難する三瓶春江さん(62)は災害弔慰金の申請をするかどうか、悩んでいる。2018年9…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ