染料「あおもり藍」コロナの侵入阻む 東北医科薬科大チーム発見

あおもり藍の葉から抽出したエキス(近大提供) 

 消臭、抗菌作用が高いとされる青森県産の染料「あおもり藍」の葉に含まれるエキスに、新型コロナウイルスが人間の細胞に侵入するのを阻む効果があることが分かった。近畿大や東北医科薬科大などの研究チームが突き止めた。新型コロナの感染を予防する点鼻薬の開発など、実用化が期待される。

細胞へのウイルス結合減少「点鼻薬開発目指す」

 ウイルスが持つ突起状の「スパイクタンパク質」が細胞表面の受容体に結合することで、内部に侵入して感染が起こる。研究チームはこの仕組みに着目し、スパイクタンパク質を混ぜた細胞を培養。藍の葉から抽出したエキスを加えたところ、受容体と結合するタンパク質の量が減少した。

 ほかに漢方など約10種類の添加も試したが、あおもり藍のような減少は見られなかった。特定できていない物質を含め、藍の葉エキス内の複数の成分が作用しているとみられる。

 今回用いたのは、2020年を中心に感染が広がった新型コロナの従来株。オミクロン株など一部の変異株については、細胞培養実験をしていないものの、コンピューターシミュレーションの解析で結合阻害効果があると確認した。

 近大医学部の伊藤彰彦教授(病理学)は「人体に安全な濃度にエキスを薄めても効果がある。今後は動物実験を通じて鼻腔(びくう)内の粘膜に働くか検証を続け、点鼻薬などの開発を目指したい」と話した。

 あおもり藍は県内で無農薬栽培され、宇宙飛行士山崎直子さんの船内服にも採用された。マスクや除菌スプレーといった衛生用品をはじめ、お茶なども販売されている。

 研究成果は2月、医薬分野の国際学術誌に掲載された。

県内で無農薬栽培されている「あおもり藍」(近大提供)
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る