閉じる

古里維持へ多世代が結束 仙台・井土地区「まちづくり推進委員会」発足

 東日本大震災で津波被害を受けた仙台市若林区井土地区で、住民が「まちづくり推進委員会」を発足させ、地区の将来像を多世代で考える取り組みを進めている。集団移転が必要な災害危険区域の指定を免れたものの、住民の9割が内陸部などに移り住み、地区は消滅の危機にひんする。当面は点在する更地の解消に向け、土地利用…

残り 674文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより