東北新幹線全線再開後のダイヤ発表 JR東、14日以降分

東北新幹線の車両=2021年5月、仙台市

 JR東日本は8日、地震被害で一部運休が続く東北新幹線が14日に全線復旧した際の運行ダイヤを発表した。当面、郡山―一ノ関は徐行運転するため、東京―仙台で約30分、東京―盛岡で約1時間、通常より長くかかる。

 列車本数は通常期の8~9割。秋田新幹線は東京―秋田で直通運転に戻る。最終列車の発車時刻は、東京発で仙台以北に向かう下りは最大1時間程度、仙台以北から東京に向かう上りは最大40分程度、それぞれ早まる。

 同社は「完全な通常ダイヤへの移行は大型連休明け以降になる」と説明する。

 14日~5月10日運行分の指定席は13日に発売。5月11日以降の指定席発売は後日告知する。

 常磐線は原ノ町―仙台で速度を落とした臨時ダイヤが14日以降、通常ダイヤに戻る。いわき・原ノ町―仙台の臨時快速列車は13日で終了する。

 JR東はまた、東北新幹線やまびこ223号の脱線事故のけが人が1人増えて6人になったと明らかにした。

14日以降の臨時時刻表(下り)
14日以降の臨時時刻表(上り)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る