FAQ

入国制限緩和、留学生ようやく仙台へ 日本語学校で入学式

 新型コロナウイルス対策の入国制限が緩和され、仙台市内でも留学生の姿が戻ってきた。日本語学校「未来の杜学園」(青葉区)では19日、入学式が開かれ、代表者が来日の喜びを胸にスピーチした。

 ブラジルやインド、マレーシアなど6カ国82人の新規留学生が出席。入国申請から来日まで1年半を要したベトナム国籍のブ…

残り 258文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る