全日本こけしコンクール 最高賞に大崎の桜井昭寛さん 3年ぶり開催

内閣総理大臣賞(右)と河北新報社賞の受賞作品

 第64回全日本こけしコンクール(宮城県白石市など主催)の入賞作品65点が23日、発表された。最高賞の内閣総理大臣賞には大崎市鳴子温泉の桜井昭寛さん(70)の鳴子系伝統こけしが選ばれた。

 桜井さんの作品「岩蔵型11号」は、戦前の名工大沼岩蔵の型を忠実に受け継ぎつつ、木地の仕上げなどに工夫を重ねた。「首から胴にかけての曲線が見事。全体のバランスが良く、令和を代表する作品」と評価された。

 河北新報社賞は白石市の新山吉紀さん(61)の弥治郎系伝統こけしが受賞した。「弥治郎系八幡屋系列の佐藤喜一の特異な表情をよく捉え、緊張感がある」との講評を受けた。

 伝統、新型、創作の各こけしと木地玩具、応用木製品の計5部門に国内外から796点、延べ159人の応募があった。元仙台市博物館長の東海林恒英氏ら14人が22日に審査した。

 コンクールは新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催。白石市ホワイトキューブで5月3~5日に開かれる。

[主な入賞者] 
 経済産業大臣賞 岡本有司(群馬県)小林繁男(新庄市)▽農林水産大臣賞 岡崎幾雄(山形市)富所千弥(群馬県)▽国土交通大臣賞 柿沢是伸(大崎市)富所ふみを(群馬県)▽文部科学大臣賞 高橋通(南相馬市)渡辺邦彦(白石市)▽中小企業庁長官賞 早坂政弘(仙台市青葉区)北村克晴(神奈川県)▽林野庁長官賞 阿部木の実(湯沢市)田村昇(群馬県)▽観光庁長官賞 高橋義一(大崎市)牧野均(山形県川西町)▽経済産業省製造産業局長賞 大沼秀顕(大崎市)佐々木美穂(白石市)▽東北経済産業局長賞 笹森淳一(弘前市)▽東北森林管理局長賞 新山真由美(白石市)▽東北運輸局長賞 佐藤英之(いわき市)▽宮城県知事賞 桜井尚道(大崎市)小島隆(神奈川県)▽全日本こけしコンクール会長賞 鈴木敬(仙台市)岡本義弘(群馬県)▽東日本旅客鉄道賞 岡本灯偉(群馬県)陳野原幸紀(福島市)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る