温室効果ガス排出 秋田県「50年実質ゼロ」宣言 再エネや再造林推進

 秋田県は、2050年に県内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を実現すると宣言した。県沖で計画が進む洋上風力発電を中心とする再生可能エネルギーを積極導入するほか、木材伐採後に植樹する再造林を進めて二酸化炭素(CO2)の森林吸収量の拡大を図り達成を目指す。

 県は22年度、温室…

残り 403文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集