秋田・雄物川河口の砂浜に遺体 職務質問中に川へ飛び込んだ男性か

(写真はイメージです)

 2日午前5時40分ごろ、秋田市新屋町の雄物川河口北側の砂浜で、釣り人が男性の遺体を見つけ110番した。1日未明、雄物川河川敷で職務質問を受けている最中に川に飛び込んだ男性がおり、行方が分からなくなっていた。秋田中央署は、遺体が男性とみて身元と死因を調べている。

 中央署によると、1日午前3時過ぎ、同市茨島6丁目の雄物川河川敷で、機動捜査隊員2人が停車中の県外ナンバーの乗用車にいる男性に職務質問した。男性は車から降りて質問に答えていたが、隊員から河川敷にいた目的を尋ねられると突然、走り出して川に飛び込んだ。

 男性は40~50代で、黒色の長袖シャツに紺色のジーパンをはいていた。中央署によると、砂浜で見つかった遺体と服装などが一致しているという。河川敷と河口の砂浜は約3キロ離れている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る