FAQ

東北大発の計算手法で物流倉庫効率化へ シグマアイ、包装資材の高速と連携

 東北大で開発した計算手法を生かして産学連携を目指すシグマアイ(東京)は9日、包装資材商社の高速(仙台市)と提携し、物流倉庫内の作業効率化に向けた実証実験を高速関東物流センター(千葉県柏市)で始めたと発表した。

 センターでは、スーパーで使われる食品トレーや値引き用シール、果物を入れる袋など商品約40…

残り 360文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る