全盲の英語教員、2年目の教壇 仙台・小椋さん「普通に働く姿見せたい」

 仙台市教委が2021年度に全盲の英語教員として初採用した小椋汐里さん(23)が台原中(青葉区)で2年目の教壇に立っている。「障害者が普通に社会で働く姿を生徒に見せたい」という小椋さんと学校の思いは、着実に浸透している。

きっかけは「赤毛のアン」

 福島県会津若松市生まれの小椋さんは目の病気で、5歳で全…

残り 1025文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ