ガラケー、見間違いでした 「刃物所持」と通報 JR仙台駅前騒然

(写真はイメージです)

 19日午後1時半ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅前で「刃物のようなものを持った男がいる」と110番があり、大勢の警察官が駆け付けて一時騒然とした。県警の調べで、刃物は「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話と判明した。

 県警によると、10代の女性2人組の1人が、刃物のようなものを持つ男性を見たと訴え、刺股や防護盾を持った警察官数十人を配置して警戒した。その後、防犯カメラ映像などで特定した男性に事情を聴いた結果、刃物ではなく、ガラケーを手にしていたと分かった。

 警察官は「今はスマートフォンが主流。10代にとってガラケーは見慣れないのだろう」と女性をかばった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る