「冷や」がうまい福島の日本酒、18銘柄を宅配 福島県酒類卸

福島県の計18銘柄の日本酒が楽しめる

 全国新酒鑑評会の審査で金賞受賞数が日本一となった福島県の日本酒が注目される中、卸業の福島県酒類卸(福島市)が夏に合う県内の日本酒18銘柄を6~8月の3回にわたって宅配で販売する。

 300ミリリットルのボトルを各月6本ずつ配送、計18本を販売する。いずれも金賞受賞の「陣屋」(白河市、有賀醸造)「会津中将」(会津若松市、鶴乃江酒造)「廣戸川」(天栄村、松崎酒造)など、主に「冷や」で飲むとおいしい酒を選んだ。県酒類卸の担当者は「福島の酒をPRし、販売拡大に貢献したい」と狙いを話す。

 6、7月は中旬、8月は初旬に発送する。漬物や燻製(くんせい)など日本酒にぴったりのおつまみが付いており、送料を含めて3カ月で計1万2960円。同社のホームページで申し込みを受け付けている。連絡先は同社024(545)8010。

福島県酒類卸のホームページ

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る