GoTo再開に賛意 宮城・村井知事 仙台空港国際線再開も「なるべく早く」

村井嘉浩宮城県知事

 政府が観光支援事業「Go To トラベル」を近く再開する方向で調整に入ったことに関し、村井嘉浩知事は6日の定例記者会見で「再開していいんじゃないか」と賛意を示した。

 村井知事は「できれば全国規模で動きたいという思いを持っている県民がたくさんいる。(新型コロナウイルスの)患者が出ているとはいえ、収まってきている」と理由を説明した。

 今月末に利用期限を迎える県の観光需要喚起策「みやぎ宿泊割キャンペーン」との兼ね合いでは、国の財政措置を前提に「Go Toが始まるまでに隙間が出ないよう、できれば埋めきりたい」と望んだ。

 政府は1日に新型コロナ対策の水際措置を緩和し、10日には外国人観光客の受け入れを約2年ぶりに再開する。岸田文雄首相は国際線の発着を巡り、今月中に再開する新千歳、那覇両空港に加え、仙台などの地方空港でも順次、受け入れを進める方針を表明した。

 仙台空港では2020年3月から台北やソウルなど5路線が休止中。村井知事は再開時期に関し「なるべく早い方がいい。チャーターでもいいから、早く出したいと考える会社は多いようだ」と言及。同空港を運営する仙台国際空港(名取市)とともに、航空会社に働きかける考えを示した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る