宮城最大の「無印良品」、イオン多賀城店にオープン クッキーやおかき量り売りも

多くの人でにぎわう「無印良品 イオン多賀城」

 生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画(東京)は9日、宮城県多賀城市のイオン多賀城店1階に、新店舗「無印良品 イオン多賀城」をオープンさせた。県内6店舗目で、売り場面積は県内最大の1479平方メートル。

 衣料品や収納用品、食品など約7500品目を取り扱う。無印良品では県内初のサービスとして、クッキーやおかきなど個包装の菓子の量り売りを展開。チーズケーキなどの「チルドスイーツ」や冷凍食品も県内で初めて販売する。

 開店時間の午前10時には約300人が並んだ。訪れた同市の公務員伊藤駿涼さん(19)は「県内初の冷凍商品を買いに来た。広くて開放感がある」と話した。

 高倉一真店長(39)は「毎日の買い物の拠点となるスーパーに隣接する点を生かし、地域密着で普段使いしてもらえる店舗にしていきたい」と語った。営業時間は午前10時~午後9時。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る