閉じる

山形ラーメンに山形のメンマいかが 遊佐の協力隊員、今秋にも出荷

 荒廃する竹林の保護につなげようと、山形県遊佐町の地域おこし協力隊員中島悠さん(31)が、伐採した幼竹でメンマ作りに励んでいる。今秋には町の新たな特産品として売り出す予定で、「ラーメン王国・山形のラーメン店で使ってもらいたい」と願う。

荒廃する竹林の整備兼ねる

 中島さんは大阪府出身で着任3年目。所有者…

残り 288文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより