「人に引っ張り上げられた競技人生」 体操・亀山耕平が引退会見

引退会見に臨んだ亀山

 体操男子の2013年世界選手権種目別あん馬金メダリストの亀山耕平(33)=徳洲会、仙台大出=の引退会見が19日、東京体育館であった。引退を決めた理由に昨夏の東京五輪出場を挙げ「競技者としてオリンピック以上のものはないと直感で思った」と述べた。

 体操を始めた小学生時代から数々の指導者と出会い、やめたいと思ったときも励まされて続けることができたという。「人に引っ張り上げられた競技人生だった」と振り返った。

 今後は地元の仙台市を拠点にしながら体操の普及活動を目指すという。「体操をもっと盛り上げたい。(東日本大震災からの)復興を応援する活動もしたい」と意欲を見せた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る