FAQ

旧文通費の使途公開 結論先送りは国会の怠慢だ 社説(6/21)

 自らに甘い国会議員に対して、多くの国民があきれ、失望している。月額100万円が支給される旧「文書通信交通滞在費(文通費)」を巡る問題だ。

 今年4月に関連法が改正され、日割り支給に変える一方、名称を「調査研究広報滞在費」に変更し、事実上、使途を拡大した。

 見直しの本筋である使途の公開や未使用分の国庫…

残り 919文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る