FAQ

芭蕉も見た夕日、燃える 山形・酒田

 <暑き日を海にいれたり最上川>
 松尾芭蕉が出羽三山参りを終えて最上川を下り、酒田に着いたのは1689年の陰暦6月13日。現在の7月末ごろだ。酒田はもともと「砂潟(さかた)」と称され、最上川舟運で栄えた。河口の船着き場から酒田入りした芭蕉が夕日を見て、こう詠んだ。

 河口は現在、防波堤が日本海に突き出…

残り 65文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る