尚絅学院で3億円超の使途不明金 理事が投資に私的流用か

 尚絅学院大などを運営する学校法人尚絅学院(宮城県名取市)で、3億円超の使途不明金が生じていることが2日、分かった。法人は理事の1人が私的流用した疑いがあるとして事実解明を進める。理事の氏名や性別、詳しい経緯などについて法人は「現時点で一切言えない」と説明を拒んでいる。

理事の不正流用があったとみられる学校法人尚絅学院=2日、名取市ゆりが丘4丁目

 理事は法人に対し「6~7月に計4回、総額3億円超の法人資金を持ち出し、法人の許可なく全額を投資に使った」と説明しているという。7月7日に法人職員が使途不明金の存在を把握し、不正流用の疑いが発覚した。

 法人は理事に返還を命じるとともに、弁護士がトップの調査委員会を発足させた。調査結果が出た後に警察に被害届を出す予定。法人が運営する学校の教育活動に支障はないという。

 法人の理事は理事長や常務理事を含め計15人。理事を務める鈴木道子尚絅学院大学長は「ご迷惑とご心配をおかけし、大変申し訳ない。早期の真相解明と使途不明金の回収に全力で取り組む」と陳謝した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る