仙台七夕まつり 商店街周辺、車両の通行禁止に

 仙台七夕まつり(6~8日)の期間中、宮城県警は仙台市中心部で大規模な交通規制を実施する(地図)。大型飾りが並び、見物客が増える商店街を中心に車両の通行を禁止する。

 規制は仙台三越周辺が3日間とも午前8時~午後10時。電力ビル周辺の一番町3丁目の路地は6日が午前7時~午後10時、7、8日が午前9時~午後10時に制限する。中央通につながる路地は午前7時~午後10時、国分町通と稲荷小路を結ぶ一部路地は午後7~10時、それぞれ通過を禁じる。

 急病人に対応するため、藤崎ファーストタワービル近くに救護所を開設。フォーラス前と電力ビル周辺に臨時警備派出所を設ける。

 中心商店街での飾りの掲出は6、7日が午前10時~午後10時、8日は午前10時~午後9時ごろとなる。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る