宮城代表・仙台育英が堂々と行進 全国高校野球開会式リハーサル

開会式のリハーサルで行進する仙台育英ナイン=5日午前、甲子園

 第104回全国高校野球選手権大会に出場する宮城代表の仙台育英は5日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開会式のリハーサルに臨んだ。行進練習をした佐藤悠斗主将は「甲子園に出場する実感が湧いた。明日は宮城の代表にふさわしい振る舞いをしたい」と語った。

 新型コロナウイルスの集団感染などで6校が欠席した。須江航監督は「大会が無事に行われるのか不安な気持ちだ」と明かし、鳥取商との初戦に向け「生徒は暑さに慣れて普段通りの様子。粘り強くチーム力がある相手なので、こちらが先に崩れないことが大事になる」と気を引き締めた。

 開会式は6日午前9時から。仙台育英と鳥取商の試合は大会6日目の11日午前8時開始予定。

開会式のリハーサルで行進する仙台育英ナイン
開会式のリハーサルを終え整然と退場する仙台育英ナイン
開会式のリハーサルを終え退場する仙台育英ナイン
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る