「呪術廻戦」飾り、仙台七夕まつり初登場 クリスロード商店街 ファンら記念撮影

仙台七夕まつりに初めて登場した「呪術廻戦」の七夕飾り=6日午前、仙台市青葉区中央2丁目

 6日開幕した仙台七夕まつりに、人気アニメ「呪術廻戦」の七夕飾りが登場した。作品の中で登場キャラクターの好物として看板商品「喜久福」が紹介されたことが縁で、お茶の井ケ田(仙台市)がクリスロード商店街に面した仙台中央本店前に初めて掲げた。

 飾りは長さ約2・5メートルの5本で、吹き流しに主人公らの姿がプリントされている。くす玉の制作の一部は、同社が開催するお茶セミナー「おキク塾」の受講生が担った。

 飾りの周りでは多くのファンが足を止め、喜久福を手に記念写真を撮る姿もあった。東京都の自営業井門由美さん(30)は「存在感がある。キャラクターごとに飾りの色が異なり、華やか」と目を細めた。

 後藤新店長(33)は「地元ゆかりのアニメの飾りを多くの人に楽しんでほしい」と話した。

 呪術廻戦は週刊少年ジャンプ(集英社)の連載でテレビアニメや映画にもなっている。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る