東北楽天4位転落 投打振るわず2連敗、田中将4失点

 東北楽天は投打に振るわず2連敗。4位に後退した。

 先発田中将は6回4失点で8敗目。三回に川瀬の適時二塁打で先制され、五回は牧原大、柳田の連続適時打などで3点を失った。救援陣も5失点と打ち込まれた。打線はわずか3安打。四回に島内の適時打による1得点にとどまった。

 ソフトバンクは2連勝。先発武田が七回途中1失点で今季初勝利を挙げた。

(勝)武田7試合1勝
(敗)田中将17試合6勝8敗

「四球やミス、もったいなかった」

 東北楽天の田中将は自らまいた種で失点を重ねた。ソフトバンク打線にほころびを突かれ、6回9安打4失点。「四球やミスで取られるべくして取られてしまった。ちょっとしたところでボールをコントロールできなかった部分もあり、非常にもったいなかった」と悔やんだ。

 先制を許した三回。2死から四球の周東に二盗を決められ、続く川瀬に高めに入った直球を左越えの適時二塁打とされた。周東にはフルカウントから内角の厳しいコースに投げた150キロ直球を見極められ、わずかな制球ミスに泣いた。

 五回は1死満塁から川瀬の中犠飛を皮切りに、牧原大、柳田の連続適時打で3失点。失点のきっかけは先頭柳町へのフルカウントからの四球だった。さらに無死一、二塁で甲斐の投前へのバントを一塁手の鈴木大と見合ってしまい、ピンチを広げた。右腕は「結果的にあのミスが今日のゲームでは痛かった」と唇をかんだ。

 6月17日のペイペイドームでの前回登板は4本塁打を浴び、5回を投げて国内自己ワーストタイの7失点で降板。「ただ、めった打ちされただけだった」と屈辱のマウンドだった。

 2戦続けて敗戦投手となり、チームワーストの8敗目を喫した。だが、「打者に対してうまく攻められた部分があったし、ある程度イメージができるという意味では収穫があった」と振り返った右腕。次戦こそ勝利をつかみ、雪辱を果たしたい。
(佐々木智也)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る