震災犠牲者や先祖悼む 仙台・荒浜で灯籠流し 河北新報オンラインニュースで動画中継

震災犠牲者や先祖を供養する灯籠流し=2020年8月22日、仙台市若林区荒浜

 東日本大震災で大きな被害を受けた仙台市若林区荒浜地区の貞山堀で20日、灯籠流しが行われる。午後6時半ごろ、県道荒浜原町線の深沼橋近くで犠牲者や先祖を供養する念仏を奉納した後、灯籠を流す。

 雨天中止。灯籠流しが終了する午後7時半ごろまで、荒浜小の駐車場を開放する。

 河北新報オンラインニュースでは20日午後6時半ごろから7時半ごろまで、灯籠流しの様子を動画中継します。(通信回線や天候の状況次第で取りやめる可能性があります。あらかじめご了承ください)

仙台・荒浜「灯籠流し」

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

震災報道若手記者PT

 東日本大震災の発生から11年。あの日を知らない若い世代が増える中で、命を守る教訓を伝え継ぐために何ができるのか。震災後に河北新報社に入社した記者たちが、読者や被災地の皆さんと一緒に考え、発信していきます。

ライブカメラ