FAQ

<東北の本棚>日本史の「常識」を転換

世論政治としての江戸時代 平川 新 著

 江戸時代、剣術や帯刀ができたのは武士だけという通説があるが、著者は「実態は大きく異なる」と指摘する。腕の立つ庶民剣士は全国どこにでもいて、百姓身分の道場主の元に、武士が門弟として通うのも珍しくなかった。

 剣術イコール武士の通説がまかり通っているのは、研究者が「

残り 642文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

東北の本棚

「東北の本棚」は、地元にゆかりの深い著者の本、東北を舞台にした本などを紹介するコーナーです。小説、評論、ルポルタージュ、写真集、絵本など、さまざまな本を厳選して生活文化部の記者が紹介します。


企画特集

先頭に戻る