「鎌倉殿の13人」大江広元役の栗原英雄さん ゆかりの寒河江でトークショー

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場する大江広元ゆかりの地である山形県寒河江市で18日、広元役の俳優栗原英雄さんと歴史タレント堀口茉純さんによるトークショーが行われた。

 大河出演は「真田丸」(2016年)に続いて2回目の栗原さんは、広元について「クレバー(賢い)、冷静さだけでなく、都落ちした悔しさを晴らそうとする野心もあったのではないか」と分析。冷徹な官僚にとどまらない味わいを出すため、撮影ごとに目尻に泣きぼくろを描いているエピソードなどを紹介した。

トークショー後に撮影に応じる栗原さん(右)と堀口さん=寒河江市民文化会館

 広元を祖とする寒河江大江氏は鎌倉時代から約400年にわたり、寒河江市を中心とした山形県西村山地方を支配した。栗原さんは事前に市内を見て回ったそうで「美しい水田や用水路など広元の子孫たちが民のために残した功績は大きい」と話した。

 NHKラジオの歴史番組に出演している堀口さんは「寒河江に来たのは初めてだが、寒河江氏関連の旧跡に加えて、食べ物のおいしさ、地元の皆さんの温かさに触れて感激した」と魅力を語った。

 トークショーには約600人が参加し、2人の話を聞いた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る