FAQ

サンマ漁、好転の兆しも 宮城・女川港で今季初水揚げ

 宮城県女川町の女川港に28日、今季初めてサンマ33トンが水揚げされた。8月に始まった漁は魚体が小さく苦戦が続いていたが、最近は好転の兆しを見せており、女川魚市場には関係者の威勢のいい声が響いた。

 午前5時半ごろ、長崎県雲仙市の大型サンマ船第3太喜丸(199トン)が、北海道東沖約1000キロの公海で…

残り 341文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る