聖地に響く郷愁の調べ 栗原・登米の伊豆沼<ふるさと音便り>

 太陽が上り始め、湖面を照らす。伊豆沼(栗原市、登米市)をねぐらにしていたマガンの群れが一斉に飛び立つ。朝焼けの空に浮かぶ影絵のようなシルエット。万雷の羽ばたきと甲高い鳴き声に息をのむ。

 ラムサール条約登録湿地で国内有数の渡り鳥の「聖地」は今、ロシア極東から飛来したマガンやハクチョウ、カモ類が長旅の…

残り 248文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ