閉じる

JR陸羽東線の誘客、成功例から探る 日本鉄道保存協会事務局長・米山淳一さん、大崎で研修会

 厳しい経営状況が続くJR陸羽東線の利用促進策を探る大崎市は17日、日本鉄道保存協会事務局長の米山淳一さんを講師に招き、鳴子総合支所で研修会を開いた。米山さんは、歴史やレトロな街並みと鉄道遺産の魅力を組み合わせた成功例を紹介し「市民が主役になり、大事なインフラを残して」とエールを送った。

 市の陸羽東…

残り 224文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ