閉じる

規制委員長「対象設備数多くミス誘発か」 再処理工場の設工認申請書不備を痛烈批判

 使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の安全対策工事の詳細設計の認可(設工認)で日本原燃が申請した書類に不備が見つかったことに関し、原子力規制委員会の山中伸介委員長は25日の定例記者会見で「審査対象となる設備の物量が多く、ミスを誘発したのではないか。修正を願いたい」と述べた。

 落丁や誤記載が確…

残り 164文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ