閉じる

さようならJR古川駅の「駅そば」 あす19日営業終了、常連客から惜しむ声

 宮城県大崎市のJR古川駅2階の立ち食いそば店「古川そば」が19日で営業を終える。「駅そば」として半世紀以上親しまれた老舗が消えることに、利用者から惜しむ声が上がっている。

 同店は1960年代後半、当時の陸前古川駅構内に開店。東北新幹線開業を控えた80年の駅移転後も、自家製つゆを使ったそば、うどんを…

残り 253文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集