閉じる

安全対策進まず、よぎる悪夢<最大津波から逃げる 第1部 12年目の被災地(中)>

 牡鹿半島の付け根に約1万4000人が暮らす宮城県石巻市渡波地区。海岸線から山際まで、ほぼ全域が3~5メートルの津波に襲われる。

 宮城県が最大級の津波浸水想定を2022年5月に公表して1カ月後、市が住民説明会を開いた。「逃げる方法と場所を早急に検討してほしい」。同地区の阿部和夫さん(75)は、居並ぶ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ