閉じる

地震保険、3・11でも過小判定 仙台の複数マンション 修正後の支払額2~10倍に

 政府と民間の保険会社が共同で運営する地震保険で過小判定が相次いでいる問題で、東日本大震災の際に仙台市の複数のマンションも過小判定を受けていたことが、地震保険問題に取り組む1級建築士への取材で分かった。大半は保険会社の最初の鑑定で日本損害保険協会(損保協会)の認定基準を正確に適用していなかったのが原…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ