閉じる

結婚60周年の3・11に特別な贈り物 気仙沼・被災呉服店の夫妻に届いた不思議な縁

 東日本大震災の津波で被災し廃業した宮城県気仙沼市の呉服店の元店主・小山明夫さん(87)、武(たけ)さん(82)夫妻に11日、「小山呉服店」と彫られた版木が届いた。版木は震災前まで同店のカレンダー作りに使われていたが、インターネットオークションに出品された後、復興支援者や孫を介し巡ってきた。震災から…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ