閉じる

(678)木も草も世界みな花月の花/上島鬼貫(1661~1738年)

 木や草を指して、全部が花だ、月の花なんだと詠(うた)っています。月の明るい夜に、草の先が光を反射してきらきらと揺れていることがあります。見上げれば木の葉も見たことのない色で揺れ、世界全部が月の光を灯(とも)して、花が咲いたような幻想的な風景をつくっているのです。ところで「世界」という言葉は仏教用語…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

秀句の泉

 「秀句の泉」は、俳句の魅力を伝えます。執筆は俳人の永瀬十悟さん(福島県須賀川市)、浅川芳直さん(宮城県名取市)、及川真梨子さん(岩手県奥州市)の3人。古典的な名句から現代俳句まで幅広く取り上げ、句の鑑賞や季語について解説します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより