厳しい寒さ、滝も凍る 「小寒」仙台で氷点下2・4度

冷え込みが強まり、滝の水も凍り付き始めた=5日午前9時20分ごろ、仙台市青葉区の三居沢不動尊

 5日は二十四節気の「小寒」。寒さが厳しい時季となる寒の入りを迎え、宮城県内は暦通りの厳しい冷え込みとなった。
 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は栗原市駒ノ湯で氷点下10・1度と今季最低を記録。大崎市古川で同9・9度、石巻で同3・2度、仙台で同2・4度などと厳しい寒さとなり、多くの地点で平年を1~6度ほど下回った。
 仙台市青葉区荒巻の三居沢不動尊では、連日の寒波で滝が凍り付き、氷柱ができ始めた。
 日中の予想最高気温は仙台で2度。6日は高気圧に覆われ晴れや曇りとなる見込みだが、冷え込みは続く見通し。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る