酸素濃度測定器、自宅療養者にも配備へ 宮城県

 宮城県は、自宅療養中の新型コロナウイルス感染者に、血液中の酸素濃度を測る「パルスオキシメーター」を配送する準備を始めた。ホテルや自宅での療養者の容体が急変し、死亡する事例が全国で発生している状況を受けた措置。

 患者に息苦しいといった自覚がなくても、パルスオキシメーターの数値で肺の機能を把握でき、入院が必要かどうかの目安となる。無症状者や軽症者が療養する県内の宿泊療養施設には、既に配備されている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る