FAQ

気仙沼信金の被災支店、市場前に再建 地域貢献へ誓い新た

 宮城県気仙沼市の気仙沼信用金庫は18日、東日本大震災の津波で全壊した内の脇支店での営業を約9年10カ月ぶりに再開した。

 新店舗は、以前の所在地である同市魚市場前から約500メートル南の仲町2丁目に移転新築した。鉄骨造一部2階、延べ床面積は約350平方メートル。職員7人が勤務する。同支店は被災後、同…

残り 281文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る