FAQ

福島第1周辺、AIで高精度の線量マップ作成へ 原子力機構

 日本原子力研究開発機構(JAEA)は29日、AI(人工知能)を活用し、東京電力福島第1原発周辺の放射線量マップを高精度かつ短時間に作成する手法を開発したと発表した。上空の測定値を地上の放射線量に換算する精度が従来より30%以上も高まるという。

 広範囲の線量マップを作製する場合、ヘリコプターなどで上…

残り 487文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る