現と幻(5)疑念/再処理の稼働、米国注視

日本の余剰プルトニウムに懸念を示す米議会下院外交委員長らが国務長官に宛てた書簡(蛍光部分は加工)
1/2
河北新報のメルマガ登録はこちら
原発漂流

 史上最悪級の原発事故の発生から2021年3月で丸10年。原子力事業や原発政策の何が変わり、何が変わらないのか。教訓は生かされているのか。改めて検証する。


企画特集

先頭に戻る