脱炭素政策・識者インタビュー/明日香寿川氏

[明日香寿川(あすか・じゅせん)氏]東大大学院で博士号取得。2004年から東北大東北アジア研究センター教授。同大大学院環境科学研究科教授を兼務。専門は環境エネルギー政策。著書に「脱『原発・温暖化』の経済学」(共著)など。61歳。東京都出身。
河北新報のメルマガ登録はこちら
原発漂流

 史上最悪級の原発事故の発生から2021年3月で丸10年。原子力事業や原発政策の何が変わり、何が変わらないのか。教訓は生かされているのか。改めて検証する。

企画特集

先頭に戻る