「少し早い春を感じて」 東北最大級のビッグひな壇、一関で展示

2.8メートルの高さを誇るビッグひな壇

 東北最大級の大きさを誇る「ビッグひな壇」が、岩手県一関市千厩町の千厩ショッピングモールエスピアで展示されている。3月3日までの午前9時〜午後8時に無料で見学できる。

 15段、約2.8メートルの高さに155体のひな人形が並ぶ。一関、気仙沼、登米など岩手、宮城県境の各市から不要になった人形を引き取って再利用した。提供した人たちや買い物客らが連日訪れ、ひな壇を見上げている。

 企画した千厩町のイベント関連会社ホットウェブの菅原利和社長は「ひな壇を眺めて少し早い春を感じてほしい」と語る。

 地元の女性たちが制作したつるし飾りなども会場に彩りを添えている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る